2012年12月29日土曜日

少女たちから鮮やかなハガキが

毎日いろいろな郵便が届きますが、とっても鮮やかで、いつもとは違うハガキが。切手はヴェトナム。
誰からかなぁとしばらく考え込んでしまいました。

2012年12月24日月曜日

暖かな雪が降る夜と、宮沢賢治の朗読会


2004年に放送されて以来、何度もアンコール放送されているNHKの番組。「暖かな雪が降る夜。~秋田県西木村・紙風船上げ~」約1時間半の番組。このナレーションを私が担当しました。
今年も2012年12月28日(金) 午前9時~ BSプレミアム「プレミアムアーカイブス」枠で放送されます。

なぜこの番組がこんなにも長い間人気があるのか。私も再度見てみました。

2012年12月17日月曜日

政治家のプロダクトライフサイクル

選挙って怖いな~
衆議院選挙での正直な感想です。国の中央で身を粉にして頑張っても、選挙上手にはかなわないのかと。理想だけではだめなのかと。
政治を「まつりごと」というが、政治を地道に行うことと、選挙というお祭りを賑やかに行うことの相反する両方を兼ね備えなければならないと、私自身も痛感し、恐怖心を持ちました。

今、秋田市議会は議会中です。委員会での報告では、国から予算が付いたので、2月補正予算で秋田港の防波堤の案件が提出されるとのことでした。早速、自民党さんが「私が秋田に予算をつけました!」とお話しになるのだろうなぁ・・・と、昭和のノスタルジーに浸りきった政治の世界が再開されることに気分が重くなります。貿易を活発化させたいと、コンクリートから人へといいつつも、必要なものには予算を!と、寺田学さんががんばったのですが、それも今となってはぼやきになってしまいます。しかし、まだ36歳の寺田学さん。日本に必要な男と信じていますので、すぐに復活するでしょうし、させなければと思います。


2012年12月11日火曜日

2012年11月秋田市議会定例会・一般質問原稿


11月秋田市議会定例会・一般質問原稿
2012.12.11(火)(会議録と違う場合があります)
市民クラブ 見上万里子です。
本年度2回目の一般質問の機会を与えていただき、感謝いたします。今回の質問は、日本の中の秋田、秋田県の中の秋田市という視点からランキングや数値データなどに多く着目してみました。それでは、通告に従い質問いたしますので、答弁よろしくお願いします。

2012年12月7日金曜日

市政報告の広報誌を作成しました

ブログを見ていただいている方には、活動状況がわかっていただけるのですが、他の方へは市政報告がなかなか出来ていないことを気にしておりました。

印刷物を作って配布すると、印刷代とポスティング代、結構な額。市議会議員の場合、政務調査費は会派に支給されるので、個人の市政報告は作りにくいのが現状です。作成するとなると、会派全体の意見にしないといけないしな・・・と悩んでいました。

2012年12月6日木曜日

こういうサービス好きだな~

鹿沼市が市のPRのために、名刺を作って、市民の皆さんも使えるようにデザインをHPからダウンロードできるようにしたとのニュース。

こういうちょっとした工夫を行政がするって私は大好きです。
なんかやられたって感じです。

2012年12月5日水曜日

12/11質問要旨と、私の「座右の銘」

「一番うるさい議員を目指します!」と謳い当選させていただいたからには一番を目指すべきと思い、日々活動しています。
でも、うるさいを騒がしいとか、なんでも反対と誤解される場合があるので、ここで改めて。
一番こだわりを持って、市民の代弁者として議会で発言するという意味です。
そして、発言の機会があるならば、ポイントを突き端的にことを射て、より多くの人の気持ちを代弁する。それが私のビジネスマンとしてのポリシーです。
今回は通常1年1回の一般質問の機会ですが、会派の許しを得て今年2回目、議員になって3回目の質問の機会を得ることができました。育てようと思っていただけることに感謝です。

2012年12月4日火曜日

補正予算・冬のなかいちイベント「新酒」について

エリアなかいちのにぎわいを持続させるためには、冬の季節の工夫が必要と、先日の市の職員との意見交換会でも共通した認識でした。
本議会に、中心市街地冬期にぎわい創出事業として13,900千円の補正予算が提出されました。この金額は全体の1/3。

2012年12月3日月曜日

家計調査にみる秋田市民の食生活

調査結果などの数字を眺めていると、いろいろなことが想像できて楽しいなと思います。
先日、ブログの感想で「理系な気がする」とのコメントをもらいました。大学の学部は文系ですが、高校は理系でした。大学の合格は文系も理系も出ましたが「学部長が私の学部にいらっしゃい」と声をかけていただき文系にしたのが正直なところ。
図形は得意だけど、微分積分は苦手。生物は好きだけど、物理は嫌い。現国は得意だけど、古文は苦手。そんな感じなので、文系なのか理系なのかはよくわかりません。
しかし、見える化したいという気持ちがとても強く働くので、数値や図形などに重きを置く傾向が自分にあるなと思います。

前置きが長くなりましたが、ギネス記録を秋田市で作りたいなと思い、いろいろな数値を調べていました。


2012年12月2日日曜日

秋田でいまどき年収が増えている地域。

収入が減った!と感じる秋田の人は多いはず。
しかし、2年で年収61万円も増えている地域があります。どこかわかるでしょうか?
そのおかげて秋田県は最下位脱出。山形県が256万円、秋田県が257万円でワースト2位。

答えは、大潟村です。1人あたりの課税対象所得額が364万円で、2008年に比べて61万円も増えています。

2012年11月30日金曜日

2012年11月26日月曜日

「マスコミたらしの政治家、人たらしの政治家」

今年の8月
私の車は日産のマーチ、それもバックモニター付き。小さい車なのにバックモニター?と驚かれますが、運転下手なので。
タイヤ交換と点検待ちをしながら、最近の政局の雑感を書きたいと思います。(ブログUPはネット環境がないので後ほど)

2012年11月25日日曜日

議員の定数と、女性議員の割合について


最近、「女性議員を増やしたい」と機会がある度に話をし、ブログ等にも書いてきました。
そのためか、多くのメッセージをいただきます。

衆議院選挙にあたっては、女性議員を増やすために女性の応援を優先すべき
女性議員数を増やす法律、条例を作るべき

等の内容です。全てが男性からの意見です。
確かにわかるのですが、私は少し違うと考えています。

2012年11月23日金曜日

秋田公立美術大学の注目の教員

無事、秋田公立美術工芸短期大学が秋田公立美術大学と名称を変え、4大化するために動きだしました。
新しく採用された教授陣の作品を見てみました。その中で感じたことは、「工芸」が無くなった?美術は残ったけど、芸術よりになったのかなという印象。
美術大学が全国でも少ないからか、すごい経歴の方々からの応募があったそうです。秋田に初めて住んでいただく教員も多く、新鮮な目で秋田を見ていただき、地域活性化にも協力いただきたいなと楽しい気持ちで今までのご活躍を拝見しました。

百貨店のタカシマヤの紙袋のバラのリースの絵、そのバラをアレンジしたいろいろなアーティストがデザインしたアートセッションがありました。その中で、2名の方が参加されていました。

2012年11月18日日曜日

「美人」の扱いがやっぱり気になる。

やはりどうしても秋田美人に関連したキャッチコピーの「美人」という言葉が気になって仕方がありません。
私は建設会社のPR、化粧品会社の販売広告をしてきました。7年間、キャッチコピーで売れ方が全く違うことを痛いほど経験してきています。
建設会社では「あの建築家とつくる家」というコピーと、白黒写真の住宅の組み合わせが一番良く、この広告を超えるものが出てきませんでした。化粧品会社では特定のモデルさんと、私これでも○○才です。のキャッチコピーの組み合わせで売り上げがありました。
7年間の中で、印象に残る言葉の訓練ができたと思っています。

私が選挙公報に載せた言葉、「一番うるさい議員を目指します」これは本心なのですが、一番という最上級のいい言葉と、うるさいという悪い印象の言葉をぶつけることによって印象に残らせようとしたキャッチコピーです。そして、目指しますは、前半の強さを優しくするための言葉。このコピーの影響で、最初行政の皆さんからは騒ぎそうで嫌なイメージをもたれていたようですが、それだけ印象に残ったと思っています。

2012年11月8日木曜日

女性が安心して暮らせるには。

11月定例会の一般質問で何を取り上げるか悩んでいます。
犯罪防止のための提案と、女性を取り巻く環境(防犯)についてと、今回は安心安全な日常をおくることを大きな柱としたいと思っています。

県ではあきたびじょんとし秋田美人を売りに、市では秋田市美人ポスター。女性を売りにすることに私は心良くは思っていません。
男性はポスターを見て笑顔になるのかもしれませんが、女性はどんな反応なのでしょうか?
同じくいつも悩んでしまうのが、議事堂前に立っている裸の女性像。なんで裸なんだろう?恥ずかしいなぁと。芸術なのかもしれませんが、なんで外に裸で立ち続けるのか?新庁舎ではどこに配置されるのか?せめて屋根のあるところに。

2012年11月6日火曜日

耳を傾け、考え直すことは格好悪くないと思う。-秋田公立美術大学-

秋田公立美術大の新設が不認可とすると、田中文部科学大臣の意向。
予想もしなかったこの2日昼頃の報道に、私も茫然としてしまいました。

昨年11月のキャンパス
昨年の11月21日。私は美術短大を訪問しました。11月30日からの市議会定例会に4大化に向けての校舎増築のための設計費用が補正予算に計上されていました。その検証のためです。

ガラス工房に行った時、女子学生の「キャー」っとの声が聞こえて何事かと正直驚きました。教授がガラスの器をくるくると回しながら窯からちょうど出した時でした。
教授は私が驚いているのに気が付いたらしく、事情を説明してくださいました。

「卒業作品を作るための技術の見本を見せていたのですが、難しいので自分には無理だというので大騒ぎになっていたんです。短大なので、入学してすぐに卒業作品のことを考えなくてはならない。4年生になったらもっとじっくりと技術を教えられるのですが・・・。教える立場としては4年生になった方が大変ですが、学生にとってはその方がいいと思います。」

2012年10月28日日曜日

出雲市⇒倉敷市⇒神戸市へ行政視察

10/23~25の3日間、教育産業委員会の行政視察に行ってきました。1日目は急にどしゃ降りの雨。そろそろ視察慣れしてきたので、ユニクロのポケッタブルジャンバーを持っていたので私は難を逃れました。
今回の旅のお供本は「ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣 [ 美月あきこ ]」。「ボールペンを人から借りない」というのがなるほどと思いました。飛行機にのる時はCA(キャビンアテンダント)が書いた本をついつい買ってしまいます。飛行機の中で、どんな体験や考えで仕事しているのかな?と同じ女性で仕事をする立場で考えてしまうのです。
以前は、「国際線スチュワーデスの美人に見せる技術 [ 柏木理佳 ]」を読んだのですが5分でメイク完了の技が参考に。まあ、どちらの本も、CAに限らずマナーブックの応用編のようなものですが。共通して書いてあったのは、セクハラ親父の対処法。女性の仕事はこのセクハラを交す(避ける)技術と心の強さがないとやっていけません。特にCAは大変だろうなぁと思わずにはいられませんでした。

そして、仕事をする人って興味深いなと感じたもう一職種。
今回、王子動物園に行ったのですが、動物園の飼育員が興味深い。以前、大森山動物園の飼育員の何人かに「個人的にこの動物園の中でどの動物が一番好きですか?」と聞いたところ、それぞれが違う動物でした。王子動物園でも聞いてみたところ、「黄色いインコ」と。パンダもコアラも人気物がたくさんいる動物園でインコです。意外。でも理由に納得でした。動物よりも人の方が面白い!(今調べたらキエリボウシインコのようです。)

さて、前段が長くなりましたが、以下に行政視察の所感を紹介します。

2012年10月27日土曜日

対話を仕掛けるために「ワールド・カフェ」

1/8のブログ「対話を仕掛ける」という課題で書いて以来、対話の在り方をずっと考えていました。行政がいろいろな説明会を行ったり、民主党のまちなか座談会で市民の皆さんから意見をお聞きし回答をしても、納得感が少ないように思えてなりません。
「多くの人数で納得感が得られる話し合い手法がないものか?」ずっと模索していました。
16日、日経ビジネススクールで「ワールド・カフェ」という対話法を学んできました。参加者には負担が少なく、主催者の事前の設計、ロジカルシンキングをすれば、当日は簡単に進められるというもの。

2012年10月18日木曜日

決算特別委員会が終了!マスコミ対策は難しい。

平成23年度の秋田市の決算を審議する、決算特別委員会が10/9~12までの4日間行われました。委員は10名。

10/10さきがけ新聞に、11年度市職員時間外勤務手当「平均支給額34万円」との記事がでました。これは私が決算特別委員会で追加資料請求したものを元に掲載された記事です。
私は、「市の職員はこんなにもらってるのか!」という印象を与えるためではなく、仕事を平準化して時間外を減らして健康な状態で仕事ができる職場環境にしたいという思いで資料請求をしました。しかし、この記事からはそう思えない。それがとても残念でした。まして、担当部局へ質問する前に記事を掲載されてしまったので、決算委員会での質疑の意味が薄れてしまいました。せめて質疑が終わってから掲載するのが礼儀だろうというのが感想です。
そして、県議は議員の名前が載りますが、市議は出してもらえないのか・・・と。まあ、いいですが。

そして、本日の秋田市議会における政務調査費についての報道。

2012年10月8日月曜日

市立秋田総合病院のこれからについて

パブリックコメントの賛否人数
秋田市から市民の皆さんへのパブリックコメントの募集や、マスコミの報道でもご存じの方が多いとは思いますが、様々な検討の結果、市立秋田総合病院を2014年4月に独立行政法人化しようとの方向性が出ています。今後、議会での議決まで、皆さんの意見をお聞きし、いかにそれが盛り込めるかが採決の判断になると思います。

7月に行われたパブリックコメントでは、賛成25人、反対3人、意見要望のみ25人、わからない7人となっていました。
私にも同様に、質問や要望をいただいていますのでここでご紹介します。印象としては、反対はしないが不安な点があるのかなという気がします。
また、このブログの左上にも投票ボタンを設けましたので、ご協力をお願いします。

2012年9月29日土曜日

秋田県が1位。その要因は?

秋田県が1位!良いことで1位はうれしいものです。何が要因なのだろうかと思い、上位10位の都道府県に色を塗ってみました。

地域としての特色ではなさそうです。ということは、取組が良かったのかな?この地図だけで何のトップ10かわかるでしょうか?

2012年9月26日水曜日

たまには書けない時もある。

ちょっと、ブログが書けませんでした。書きかけの下書きのブログばかりがたまってしまいます。今もUPするまで書けるか・・・。ものすごく忙しいということもありますが、ブログへの注文をいろいろといただき、気持ちが白けてしまったというのが本音。読んで下さることはとても嬉しいのですが、このブログへの過剰な期待をいただくことに重荷を感じます。

2012年9月17日月曜日

モチベーションを下げる「嫉妬」

昨日は民主党の秋田県の常任幹事会がありました。これからいろいろな選挙が続くと予想されます。今は党首選ですが、国政、首長、補選・・・。
そんな中、水面下では駆け引きも多く行われています。まるで、大下英二作品のようです。
直接的な表現をせず、何かに例えてメッセージを伝えてきたり、本気で言っているのか?ということを言ってきたり・・・。私も小説書けそうだ。と思うこの頃です。

2012年9月14日金曜日

観光資源となる秋田大好き人間を増やす。

2月に宮沢賢治作品の朗読コンサートを企画中。宮沢賢治作品の乱読をしています。先日は遠野市へ行き、没後50年の柳田国男「遠野物語」と宮沢賢治に共通する空気感に面白さを感じました。作品そのものに引き込まれるというよりは「なぜそんな作品になったのか?」を考えることに夢中になってしまいました。
柳田国男と宮沢賢治というWの人物に惹きつけられ、遠野は観光地として成り立つのでは?と思えてなりません。
秋田だと誰でしょうか?柳田国男に相当するのが、菅江真澄なのかもしれませんが、宮沢賢治に相当する人が思いつきません。もう一人欲しい。人を呼べる人物が。

2012年9月10日月曜日

9月議会の調査期間

一般質問した内容について、改善してもらえると素直にうれしいものです。
6月に私は一般質問でホームページによる市民への情報発信等、ユーザビリティーの向上などを取り上げたのですが、RSSマークを改善したり、小さなところを手を入れているなぁと思っていましたが、9/1から秋田市役所のtwitterが始まっていました。いよいよというか、やっと始めた!という感じです。

2012年9月4日火曜日

事故や災害への対応・秋田市総合防災訓練

今朝、救急車のサイレン、消防車の音が響き、どうしたのか?と思っていると、すぐ近くでピタッと音が止まりました。火事ではなさそうだけれども・・・急いで行ってみました。

横山金足線、手形山のぼり2車線の中側で、車3台の玉突き事故。最後尾の軽自動車は損傷が激しく、人がぐったりとして、救急車に運ばれていく。2台目の産廃事業者の軽自動車。体格の良い男性達が鞭打ちのような状態で救急車に数名。1台目は大きな車だったのでそれほどの損傷はなし。
消防、警察がちゃくちゃくと事故処理をしていく。

この様子を見ながら、いろいろ考えさせられるものがありました。

2012年8月22日水曜日

「やられたら3倍返し」考

竹島問題が大変な時期に20日から、明日まで韓国にいます。皆さんから、心配いただいておりますが、訪問先とは友好ムード全開で進んでいます。詳細は戻りましたらご報告します。今は、ソウルから釜山に向け新幹線KTXで移動中。
先に掲載しました、「辛い時に思う言葉、やられたら3倍返し」について、質問メールをいただきました。雨空の車窓を観ながら回答を考えてみました。なるほどと思う質問でしたのでブログで紹介します。

2012年8月19日日曜日

辛い時に思う言葉「やられたら3倍返し」

いじめによる自殺が続いています。「いじめ」を報道する必要性はあると思いますが、「自殺」はあまり取り上げるべきではないと思います。その道を選ばせているようにしか思えないのです。
朝日新聞の「いじめと君」の連載は終わってしまいましたが、どんな人もいじめを通らない人はいないと、痛みを分かち合う報道だったなと思います。

今、自分の学校時代を振り返っても、いじめがありました。そして、いじめっこ=いたずらっ子、はいい方で、不良=近づきたくない奴がいたなと思います。今はこの2つの要素が混ざって陰湿化しているように感じます。

私の年齢は、不良な連中がいた時代です。しかし、40歳を過ぎてから、なぜか同級生が集まろうという雰囲気が強くなり、面白いなぁと思います。

2012年8月15日水曜日

地域活性化の鍵は「公平性」と「差別化」の切り替え

『民意に耳を傾けることは大切。民意を取り入れることが大切。』

行政の方は、市民を平等に対応しなければなりません。公平性を保つために日々努力されているでしょう。民意を聞くことの難しさを常に感じていることと思います。

しかし、ビジネスでは「差別こそ交渉の鍵」。他社にない優位な点をアピールして、他社に攻勢をかけるのは当然。平等であっては生き残ることができないのです。組織の中においても、他の社員より少しでも力量があることを上司にアピールできなければ組織に居続けることはできません。
その視点から行政をみると、日々の業務は公平性を、外に出るときは差別化を、と頭の切り替えが要求される立場だと思います。これは議員も同じです。
今の行政の方々を見ていると、切り替えができているのかな?と疑問に思います。

2012年8月13日月曜日

総合計画は4の倍数年にするべきでは?

地方自治トップマネジメントセミナー
私は以前から気になっていたことがありました。
地方自治体の「総合計画」と「首長が掲げるマニフェスト」の関係。
「政党が掲げるマニフェスト」と、「首長の掲げるマニフェスト」の在り方の違い。
そもそも私はマニフェストという言葉が嫌いで、特に首長は基本方針くらいにして、「マニフェスト=絶対やり遂げなければならないもの」という意識をやめるべきではと考えています。首長の選挙において、人物評価と、マニフェスト評価とどちらが大きいかと言えば、リーダーシップなどの人への期待なのではと思います。そして、当選した首長のマニフェストと総合計画の違い解消するタイミングをどうるするのか?

そのヒントが8/1に参加した地方自治トップマネジメントセミナーにありました。

2012年8月12日日曜日

日々の様子はfacebookダイジェストに掲載


Facebook(フェイスブック)に参加していないが、投稿内容を見たいとの声がありましたので、
「facebookダイジェスト」右上のページボタンに内容を更新をしていきます。

本ブログでは意見や、活動の内容として長文で書いてきておりました。更新は週一回以上を基本にしています。ブログに対し、私のFacebookの目的は、「議員って毎日何をしているの?」という問いに少しでも応えるためと、ブログへの感想をいただくことです。

ブログに転載する内容は、基本的には私が投稿した内容のみです。
皆さんから反応をいただきたいので、「いいね!」と思えたら、ぜひfacebookの利用を検討してみてください。
そして気軽に友達申請をしてください。

2012年7月31日火曜日

2012年7月facebook


「原爆」「原発」に対する秋田の立場

秋田市議会の議会棟入り口に、「非核平和宣言都市」のプレートがあります。議員になってすぐに気になっていたものの、いつか調べようと思いながら忘れていました。
7/28-29に開催された「ヒロシマ・土崎被爆証言講話会」にて、28日の会場が参加者数が少ないとfacebook上で話題になっていたので、「核」に関する秋田の関心、立場ってどうなんだろうかとここ数日考え込んでいます。被爆体験をされた語り部さんがいらしての会に、人が集まらないのは、主催者である秋田市の宣伝不足なのか、それとも秋田の人の核に対する関心があまりないからなのか、目標数値がないのか?

2012年7月26日木曜日

エリアなかいちがオープンして

7月21日震災の影響もあり、オープンが延びていたエリアなかいちがオープンしました。「秋田市にこんなに人っていたんだねぇ」という言葉が聞かれるくらいにすごい人でした。22日は、秋田市議会スポーツ振興議員連盟で与次郎駅伝に参加し、私もやっと筋肉痛が直りました。
未だに、このエリアなかいちに反対している議員の方もいますし、市民の方からも失敗するだろうと冷たく言われることもあります。しかし、評論家ではなく、ひとりひとりがちょっとだけでも気に掛け、愛着を持つことによりにぎわいを作ることはできると信じています。

オープンニングイベントでは、ビル風なのか時折突風が吹くため、竿燈が倒れるというハプニングが。来賓席の目の前で演技をしてもらえるのでうれしい反面、倒れた時には逃げられない。迫力がありました。そしてあまりの晴天にまぶしかった。

テープカットとともに、風船を空に離しましたが、あの風船はどうなってしまうのでしょう?湊祭り中の土崎方面に飛んで行きましたが土崎でも見えたのでしょうか?

2012年7月19日木曜日

ワケ有り野菜を使い切るメニュー開発!

今朝の新聞を読みながら、政権のごたごたや、いじめ問題など、どうしたらいいのか考え込んでしまう話題が多い中、ちょっとほっとしたのが「ワタミ、農業が黒字に」の日経新聞の記事。赤字だった営業損益が2013年春にゼロになる見通しだそう。
農業でも黒字にできるんだということより、ワタミの「赤字を減らすための工夫」にこれからの農業の道を感じました。

2012年7月17日火曜日

泉・外旭川新駅は必要?

民主党の全国広報担当者会議で東京に来ています。広報のインターネットの活用など具体的な技術的な話をするはずが・・・ついつい、「国民の生活が第一」という言葉の扱いをどうするのか、HPから議員の名前を削除するタイミングは・・・という直面している話題になってしまいます。特に、国会議員ではない私たちは批判は受けるが何もできない・・・そんな吐露の声が聞こえます。

選挙の時に掲げるマニフェスト。私はこれがあまり好きではありません。まずカタカナなのが有権者へのわかり易さ、親しみを阻害しているようにしか思えません。そして、このマニフェストの精度をもっときちんとしなければ、自分の首を絞めるだけにしかならないとも感じます。

さて、穂積志秋田市長が公約(マニフェスト)に掲げている「泉・外旭川新駅」の設置について、今年度予算で調査が開始しました。

2012年7月9日月曜日

二重行政は悪!?高座渋谷えきばん行政視察


議員になる前、議員になってやりたいと思っていたこと。子供が安心して遊べる公園に戻したい!ということでした。私が幼いころの遊び場であった手形山の自然公園。驚いたのは、今、変質者がでるから遊んではいけないと子どもたちは言われているそうです。そして、住宅街などの中にある児童公園もあまり子どもの姿をみかけません。ボール遊び禁止だったり、使いにくいという理由のようです。


防犯の面で、公園に交番があったら安心して遊べるのではと考えていました。今県内の交番は交通量が多いところに設置しているような気がします。しかし、公園管理は市、警察は県。連携が難しそうだし、交番の移動には随分と労力がかかりそうです。何かいい手はないのか考えていたら、神奈川県の大和市で、大和市安全安心ステーション高座渋谷「高座渋谷えきばん」という交番のような施設を開設していました。

ブログへの掲載が遅れましたが、5/15、大和市「高座渋谷えきばん」に行政視察に行ってきました。

2012年7月2日月曜日

政治とビジネスの違い

6月議会で議員になって2回目の一般質問をして、私の貫きたいことが2点あると思いました。『人事行政のあり方について。』と、『行政に民間の感覚を取り入れること』。これにこだわって発言を続けたいと思いました。
今回、民間の感覚と行政のずれに関して、目標数値の捉え方が甘いという指摘をしました。民間だったら目標が達成できなければボーナス査定に響くが行政はない。もっと民間並みに数値目標を真剣にとらえるべきだと述べました。

行政と民間、まだまだ違いが大きいと感じます。そして、ふと思ったこと。政治と民間の違い。行政は民間の良い点を取り入れるべきと思いますが、政治はちょっと違う気がしています。

小沢氏離党などと言われて、いろいろな場で話し合いがされている様子をニュースで見ていますが、政治での議員間の意思の決定の場が民間と違うということに正直戸惑いを感じています。

2012年6月30日土曜日

2012年6月25日月曜日

秋田県内B級グルメリスト


議員という仕事柄、秋田の○○って何?と聞かれることが多いので、なるべく観光に資することは覚えようと思っていますが、なかなか覚えられません。
『難しすぎる』との声が聞かれる、秋田ふるさと検定を勉強しようかとも思いましたが、聞かれることは試験問題外が多い気がします。先日は、「秋田市を西から東に直線で走ったら何時間くらいかなぁ?」という質問。マラソンが趣味の方でした。秋田市の東西は約43.03Km。走れる距離なんですね。

また、東京からいらした方から、昼は秋田駅で「横手やきそば食べました!」と言われたので、横手やきそばは、「目玉焼き、福神漬け、太麺、汁だく」なんですよ~と言ったら、「そうだったのか~汁が残っていたので調理ミスかと思いました」とのこと。メニューに一言うんちくがあったら、調理ミスと思われなかったかも。残念。

昨日、24日秋田市卸売市場の特別イベントがありました。そこに出展しているB級グルメの人気から言ってもまだまだB級グルメは伸びる余地はあるのかなと思いました。しかし、秋田のB級グルメの特徴を一覧にして紹介しているHPが見当たらない。ということで、無いなら作ろうと、以下に少しずつ追加していこうと思います。
これから竿燈をはじめ、B級グルメ屋台が活躍するでしょう。全種類制覇はなかなか難しいと思うので、ご参考まで。


2012年6月18日月曜日

Ustream効果?

本日の私の一般質問終了しました。
私のブログのアクセス数を見て、いつもと違った動きが。
明らかに、一般質問と答弁、再質問の時間のアクセス数が飛躍的に伸びています。これはインターネット生中継、Ustream(ユーストリーム)配信効果と言っても良いのではないのでしょうか?右のグラフの赤矢印が話している時間。途中休会しているので、中が引っ込んでいますが、Ustreamを見ながら、ブログも見ているのではと思います。ケーブルテレビ?とも思いましたが、前回の9月はこれほどの伸びはありませんでした。
しかし、新規流入が増えたかというとそうでもなく、アクセス数も通常の1.5倍程度でした。

2012年6月秋田市議会定例会・一般質問原稿


----------------------------------------------------
6月秋田市議会定例会・一般質問原稿
(会議録と違う場合があります)

2012.6.18(月)


市民クラブ見上万里子です。通告に従い順に質問いたします。教育産業委員会に関係のある事項につきましては、当該委員でもありますので、できるだけ避けた質問としました。答弁よろしくお願いいたします。

2012年6月15日金曜日

インパクトあるなぁ~


今回の6月議会から、インターネットでUstream配信されています。
新しく出来た緑フレームのサイト、私は結構好きです。でも、「コメントはできないんだ~」と視聴者目線で思ってしまいましたが、再質問で「つっこみが甘い~」とか書き込みされそうで怖いなと配信される立場では思いました。でも、ブラインドでコメント見たい気もします。

6/18の11時過ぎ頃、見上の一般質問も配信されますので、よろしければぜひ。


さて、昨日会派控室のテーブルに置かれていた秋田市の広報。今までと様子が全く違い、インパクトがあります。今朝、家に配布されていた広報を見て再度、「インパクトあるなぁ~」と眺めてしまいました。

それも、リアリティーあり過ぎの写真。サラリーマンが出勤する時にゴミ袋を持っている姿。見慣れているけど、こうやってまじまじ見るとちょっと悲哀を感じてしまったりもします。

2012年6月14日木曜日

6月議会、6/18にする一般質問の通告をしました。


先にブログに通告予定を掲載しましたが、ぎりぎりまで追加したり、削除したりしたので、変わりました。以下に紹介します。

2012年6月7日木曜日

6月議会開始

補正予算資料
本日より6月議会が始まりました。
今回の補正予算は「急を要する事業により編成した」とありますが、本当にそんな感じです。防災や災害復旧、小児救急医療の充実、橋の修繕など。
予算がかかるのは仕方がないかと思いながらも、もったいないなぁと思ってしまうのが、児童手当システム改修経費¥3,780,000-。
児童手当から新たに所得制限や特例給付が導入されるためのシステム改修だそうです。
システム改修にそんなにかかるの?

2012年6月4日月曜日

第23回「みどりの愛護」のつどいに参加しました

奉迎
6/2、県立公園において、「みどりの愛護」のつどいが開催されました。
皇太子殿下が秋田にお出でになり、1日には市議会議員がお出迎えしました。奉迎というのだそうです。物々しい警備。市議も2列に整列。「まだかなとお待ちしている姿」を一枚。

「みどりの愛護」のつどい当日も勿論厳戒態勢でした。
さて、このつどいの秋田市の予算は11,654,000円。

2012年6月1日金曜日

市民クラブ会派広報

2012.6.1(金)秋田市議会の会派「市民クラブ」の広報を秋田市内に全戸配布させていただきました。
(会長:相原政志、副会長:渡辺良雄、幹事長:花田清美、相場金二、見上万里子)

議員の活動は見えにくいと言われがちですが、少しでも皆さんにお伝えできればと思います。

会派のブログ等は作っていませんので、私のブログで紹介します。

2012年5月25日金曜日

犬も歩けば・・・秋田をぐるぐる

2012/6/30(土)~7/4(水)「平和祈念展in秋田」がアルヴェのきらめき広場で開催されます。
総務省委託事業で、新宿にある平和祈念展示資料館が秋田にやってきます。

大学の同期がこの事業に関わっていて、秋田に土地勘がないとのことで協力依頼がありました。
まず、先日は新宿の常設展を見てきました。平和、戦争というと、原発や沖縄などのイメージが強いのですが、この展示は終戦後の苦労を淡々と、事実を後世に残すための展示です。重いテーマではありますが、それぞれの立場で考えさせられる展示です。
常設展は、修学旅行生が勉強にくるそうです。今回はわざわざ東京に行かなくても秋田で開催するので、多くの秋田の人に、特に児童、生徒に見て欲しいと思っています。

そして、22日、23日と東京からきた平和祈念展担当を秋田市内各所、ぐるぐると連れまわしてしまいました。

2012年5月20日日曜日

病は気から?

広面地区の社会福祉協議会の総会に参加させていただきました。
「地域の課題は自分たちで解決するから、細かいことで議員に頼ってはいけない!議員には思い切り秋田のために動いて欲しい!」と心強いお言葉をいただいてきました。

しかし、地域の方から頼られないのも寂しいので、細かいことを言ってもらってもいいですよ~とお願いしてきました。

2012年5月12日土曜日

閉鎖的を強みにできるか?

民主党の全国地方議員フォーラムで、デフレの正体の著者の藻谷浩介氏の講演(タイトル:人口減少におけるまちづくり戦略)がとても印象的でした。独特の語り口。著作のためにだいぶいろいろな批判を浴びているようで、それだけに世の中の痛いところをついているのでは?と感じました。
マスコミの取り上げ方によって、事実が伝わりにくい。実際の数字を見て欲しいとの著者の言葉。私もついつい市政に直接関係ないと、マスコミの報道の裏まで調べることを怠りがち。反省です。
さて、そんな気で報道を見て、「経常黒字、最大の落ち込み=震災で5割減―11年度」との記事のタイトル。そこで記事の元の財務省の数字を見てみました。


タイトルでは「落ち込んで大変だ~」と思わせられますが、2月から回復しています。