2012年4月30日月曜日

2012年4月facebook

新しい市議会だより

4月下旬から配布になっている「秋田市議会だより」がリニューアルになりました。さきがけ新聞でも取り上げてもらいましたが、賛否の表を入れたり、文字を大きくしたり、人の名前にふりがなを入れたり、といろいろなところを工夫しました。
賛否の○×は会派の人数がわからないと、○の数だけではわからないから、人数を入れようとか、ESCO事業は解説を入れた方がいいのでは?タイトルと中身がわかりにくいから変えよう・・・などなど、議会だより編集委員と、議会事務局の担当者で何度も検討しました。

読んでもらえた方からは、「変わったね。良くなったね」と声をかけてもらえてまずは一安心です。

2012年4月24日火曜日

キーワードはサスティナブル

4/20の東京の桜
日経グローカルのセミナーや民主党の全国政策担当者会議に参加してきました。
「何故、中心市街地は活性化しないのか」と題したセミナーでも、「社会保障・税の一体改革」の説明でも、サスティナブル(持続可能な)状況を作らなければならないということがポイントでした。
人口減少が進む中、どのように対応して行くべきなのか?そのための方法が紹介されました。

中心市街地活性化のセミナーは大変な人気で、通常60名くらいの参加のところ、倍の人数が全国から集まりました。それだけ、全国で悩みの種になっているということでしょう。講師の和歌山大学の教授の足立基浩氏の話は、気持ちがすっきりする内容でした。

2012年4月23日月曜日

暴風被害のための臨時議会

セリオン
本日は臨時議会が開催されました。主な内容は、4月3日の深夜からの暴風被害に対しての専決、補正予算についてでした。
驚いたのは、ポートタワーセリオンの1階と87m、93m付近のガラスが割れたこと。1階はわかるのですが、高層部分は何で割れたのか?教育産業委員会での説明では、下の窓ガラスが割れたことにより、上に風が流れ込み割れたと推測されるとのこと。
ガラスのカーテンウォールの建物はきれいだけど、こんな時は怖いなと感じてしまいました。網入りガラスにしたら美観が損なわれるのでしょうか。飛散防止フィルムを張るとか?といろいろと考え込んでしまいました。

2012年4月17日火曜日

今日の勝ち負け

私は同じ日の新聞を読み比べて、今日の勝ちは○○新聞だな!と新聞の勝敗を決めています。勝負のポイントはキャッチコピーだったり、内容だったり・・・いろいろですが、今日の新聞はつまらなかった。

佐竹県政を褒め称えている記事、23日臨時議会で可決されていないのに、まるで決まったような記事・・・新聞って何を書きたいのだろう?と考えてしまう日でした。スピード、注目度、ムード創出。何が重視されているのだろう?だから今日の新聞は勝ちも負けもなしです。

2012年4月12日木曜日

パンダのいない動物園

強風で寒そうな猿たち
3月のまちなか座談会で、大森山動物園の施設設備について質問が出たので、4月5日に動物園の施設、特に医療施設を視察してきました。
実は、私はあまり動物が得意ではないので、動物園に行ったのは小学1年生以来。それも、小学1年の遠足の時に中耳炎で参加することができずに、その後に連れて行ってもらった・・・という寂しい思い出が。
こんな私でも動物園の楽しさを知るために、動物園好きな友人と息子さんに同行してもらいました。

2012年4月3日火曜日

政党に対する私のスタンス

加藤寛教授と。
私は民主党の公認候補として選挙に出ました。しかし、前から民主党だったのかというと、そうではありません。
大学では、自民党政権下で税制調査会長をされ、小泉、橋本政権へも大きな影響を与えた加藤寛教授から教えを受けているので、私の考え方の基礎は自民党的と言えると思います。首相公選論も支持しています。
加藤寛教授は地方からの学生に対し、「教育をして地方にお戻しする」という気持ちで私たちに接してくださいました。日本を強くするには地方が良くならないとと。秋田に帰った今、やっと教授のご期待の一歩を踏みだせたのかなと思います。卒業の時、総代で答辞を読ませていただきました。総代に推薦してくださったのはその時の加藤寛学部長でした。成績ではなく、一番SFC(湘南藤沢キャンパス)らしいという選考基準だったと思っています。