2012年5月25日金曜日

犬も歩けば・・・秋田をぐるぐる

2012/6/30(土)~7/4(水)「平和祈念展in秋田」がアルヴェのきらめき広場で開催されます。
総務省委託事業で、新宿にある平和祈念展示資料館が秋田にやってきます。

大学の同期がこの事業に関わっていて、秋田に土地勘がないとのことで協力依頼がありました。
まず、先日は新宿の常設展を見てきました。平和、戦争というと、原発や沖縄などのイメージが強いのですが、この展示は終戦後の苦労を淡々と、事実を後世に残すための展示です。重いテーマではありますが、それぞれの立場で考えさせられる展示です。
常設展は、修学旅行生が勉強にくるそうです。今回はわざわざ東京に行かなくても秋田で開催するので、多くの秋田の人に、特に児童、生徒に見て欲しいと思っています。

そして、22日、23日と東京からきた平和祈念展担当を秋田市内各所、ぐるぐると連れまわしてしまいました。

2012年5月20日日曜日

病は気から?

広面地区の社会福祉協議会の総会に参加させていただきました。
「地域の課題は自分たちで解決するから、細かいことで議員に頼ってはいけない!議員には思い切り秋田のために動いて欲しい!」と心強いお言葉をいただいてきました。

しかし、地域の方から頼られないのも寂しいので、細かいことを言ってもらってもいいですよ~とお願いしてきました。

2012年5月12日土曜日

閉鎖的を強みにできるか?

民主党の全国地方議員フォーラムで、デフレの正体の著者の藻谷浩介氏の講演(タイトル:人口減少におけるまちづくり戦略)がとても印象的でした。独特の語り口。著作のためにだいぶいろいろな批判を浴びているようで、それだけに世の中の痛いところをついているのでは?と感じました。
マスコミの取り上げ方によって、事実が伝わりにくい。実際の数字を見て欲しいとの著者の言葉。私もついつい市政に直接関係ないと、マスコミの報道の裏まで調べることを怠りがち。反省です。
さて、そんな気で報道を見て、「経常黒字、最大の落ち込み=震災で5割減―11年度」との記事のタイトル。そこで記事の元の財務省の数字を見てみました。


タイトルでは「落ち込んで大変だ~」と思わせられますが、2月から回復しています。

2012年5月1日火曜日

市のフリーペーパー

フリーペーパーの配布方法は、街を表しているなと、ふと思いました。
秋田でのフリーペーパーの特徴は全戸配布が多いのに対し、首都圏はコンビニ置き、駅などが中心なのは、人の分布の違いでしょう。
地下鉄銀座駅
秋田でフリーペーパーラックを見ると、ここに置いているということは、今は人がいなくても、他の時間には人がいるのかな?と思う時もあります。例えば、動物園内の休憩所。私が行った時はほとんど人がいなかったけれど、他の時はいるってことでしょう。
フリーペーパー好きの私としては、見つけると、ついついターゲットじゃない男性向けでも、ママさん向けでも、バイト向けでも手に取ってしまいます。

今回上京して、銀座駅で見慣れないフリーペーパーを見つけました。HAMA流と書いてハマルだそうです。フリーペーパーのタイトルには違和感の「野田佳彦首相×鈴木康友浜松市長」とある。