2012年7月31日火曜日

2012年7月facebook


「原爆」「原発」に対する秋田の立場

秋田市議会の議会棟入り口に、「非核平和宣言都市」のプレートがあります。議員になってすぐに気になっていたものの、いつか調べようと思いながら忘れていました。
7/28-29に開催された「ヒロシマ・土崎被爆証言講話会」にて、28日の会場が参加者数が少ないとfacebook上で話題になっていたので、「核」に関する秋田の関心、立場ってどうなんだろうかとここ数日考え込んでいます。被爆体験をされた語り部さんがいらしての会に、人が集まらないのは、主催者である秋田市の宣伝不足なのか、それとも秋田の人の核に対する関心があまりないからなのか、目標数値がないのか?

2012年7月26日木曜日

エリアなかいちがオープンして

7月21日震災の影響もあり、オープンが延びていたエリアなかいちがオープンしました。「秋田市にこんなに人っていたんだねぇ」という言葉が聞かれるくらいにすごい人でした。22日は、秋田市議会スポーツ振興議員連盟で与次郎駅伝に参加し、私もやっと筋肉痛が直りました。
未だに、このエリアなかいちに反対している議員の方もいますし、市民の方からも失敗するだろうと冷たく言われることもあります。しかし、評論家ではなく、ひとりひとりがちょっとだけでも気に掛け、愛着を持つことによりにぎわいを作ることはできると信じています。

オープンニングイベントでは、ビル風なのか時折突風が吹くため、竿燈が倒れるというハプニングが。来賓席の目の前で演技をしてもらえるのでうれしい反面、倒れた時には逃げられない。迫力がありました。そしてあまりの晴天にまぶしかった。

テープカットとともに、風船を空に離しましたが、あの風船はどうなってしまうのでしょう?湊祭り中の土崎方面に飛んで行きましたが土崎でも見えたのでしょうか?

2012年7月19日木曜日

ワケ有り野菜を使い切るメニュー開発!

今朝の新聞を読みながら、政権のごたごたや、いじめ問題など、どうしたらいいのか考え込んでしまう話題が多い中、ちょっとほっとしたのが「ワタミ、農業が黒字に」の日経新聞の記事。赤字だった営業損益が2013年春にゼロになる見通しだそう。
農業でも黒字にできるんだということより、ワタミの「赤字を減らすための工夫」にこれからの農業の道を感じました。

2012年7月17日火曜日

泉・外旭川新駅は必要?

民主党の全国広報担当者会議で東京に来ています。広報のインターネットの活用など具体的な技術的な話をするはずが・・・ついつい、「国民の生活が第一」という言葉の扱いをどうするのか、HPから議員の名前を削除するタイミングは・・・という直面している話題になってしまいます。特に、国会議員ではない私たちは批判は受けるが何もできない・・・そんな吐露の声が聞こえます。

選挙の時に掲げるマニフェスト。私はこれがあまり好きではありません。まずカタカナなのが有権者へのわかり易さ、親しみを阻害しているようにしか思えません。そして、このマニフェストの精度をもっときちんとしなければ、自分の首を絞めるだけにしかならないとも感じます。

さて、穂積志秋田市長が公約(マニフェスト)に掲げている「泉・外旭川新駅」の設置について、今年度予算で調査が開始しました。

2012年7月9日月曜日

二重行政は悪!?高座渋谷えきばん行政視察


議員になる前、議員になってやりたいと思っていたこと。子供が安心して遊べる公園に戻したい!ということでした。私が幼いころの遊び場であった手形山の自然公園。驚いたのは、今、変質者がでるから遊んではいけないと子どもたちは言われているそうです。そして、住宅街などの中にある児童公園もあまり子どもの姿をみかけません。ボール遊び禁止だったり、使いにくいという理由のようです。


防犯の面で、公園に交番があったら安心して遊べるのではと考えていました。今県内の交番は交通量が多いところに設置しているような気がします。しかし、公園管理は市、警察は県。連携が難しそうだし、交番の移動には随分と労力がかかりそうです。何かいい手はないのか考えていたら、神奈川県の大和市で、大和市安全安心ステーション高座渋谷「高座渋谷えきばん」という交番のような施設を開設していました。

ブログへの掲載が遅れましたが、5/15、大和市「高座渋谷えきばん」に行政視察に行ってきました。

2012年7月2日月曜日

政治とビジネスの違い

6月議会で議員になって2回目の一般質問をして、私の貫きたいことが2点あると思いました。『人事行政のあり方について。』と、『行政に民間の感覚を取り入れること』。これにこだわって発言を続けたいと思いました。
今回、民間の感覚と行政のずれに関して、目標数値の捉え方が甘いという指摘をしました。民間だったら目標が達成できなければボーナス査定に響くが行政はない。もっと民間並みに数値目標を真剣にとらえるべきだと述べました。

行政と民間、まだまだ違いが大きいと感じます。そして、ふと思ったこと。政治と民間の違い。行政は民間の良い点を取り入れるべきと思いますが、政治はちょっと違う気がしています。

小沢氏離党などと言われて、いろいろな場で話し合いがされている様子をニュースで見ていますが、政治での議員間の意思の決定の場が民間と違うということに正直戸惑いを感じています。