2013年1月26日土曜日

議会改革について【四日市市行政視察】

秋田市議会では、議会活性化の検討委員会を3つに分けて検討しています。各テーマについて、合議制で進めているのですが、議員というのはそれぞれ特徴ある主義主張があるので、なかなかすっきりとまとまった結論にならないのが現状です。このやり方だとそんなに革新的に活性化するとは思えないなぁというのが正直なところ。
折角まとまりつつある案件に、「やる必要はありません」とぴしゃりと言ってのける議員がいたり・・・。

2013年1月23日水曜日

政治学と政治は一緒か?


幾つかの大学の公開講座を受けてきました。
現場の個々の事象に捕らわれていると、俯瞰出来なくなっていたり、前後の関係、他への影響、繋がりが見えなくなることがあります。そんな時、学者は流石だなと思います。
 
政治学と政治は一緒か?
 
この問いは政治学を学ぶ者にとってそれぞれの思いや考えがあると思います。

2013年1月14日月曜日

雪と共存するには。


昨シーズン以上の雪。除排雪への要望が多く、私にも皆さんからのご意見、ご要望をいただいております。
昨年以上の降雪で多く電話が鳴ったことに「市民の要望を聞いてたらいくらあっても予算が足りない」という市長サイドの発言は選挙を控えた時期に勇気があります。

マスコミの報道等でご存じだとは思いますが、年明けの秋田市の対応を以下に。

1/7 16:47 除排雪関係経費の専決処分のお知らせが建設部長よりありました。
当初予算8億円で、すでに約6億8千万を執行し、7億円の専決処分。
残りは5億5,400万円。

2013年1月11日金曜日

秋田美人についてのもやもや

議員になって2回目の忘新年会シーズン。いろいろな方にお会いし、いろいろなお話しをお聞きしています。やはり多いのは除雪や、選挙の話。そして、議員の仕事について。
前の上司に「議員の仕事は向いているね。」と言われてほっとしたり、「議員って感じじゃなく話しがしやすいから不思議だ」と農業経営者に言われて喜んだりしています。
私自身、やっと議員という立場を鋏を使うくらいにできるようになったかな。と手応えを感じてきています。議員の仕事はしっかりと、でも良い意味で議員らしくない存在になりたいと思っています。

11月議会で3回目の一般質問をしたのですが、なかいちのにぎわい広場についてや、入札制度などについての答弁は私としては納得いくものだったのですが、観光PRにおける秋田美人の取り扱い方について不満が残る結果となりました。

2013年1月4日金曜日

政治家は「ツール」にちょっと共感と実際の違い

初セリ式・花き部の手締め
本日は卸売市場の花の初セリがあり、明日は水産、青果も初セリ、そして出初式と2013年も本格スタートといった感じです。
それにしても、この冬も雪が多くて寒い。今朝は車のドアが凍結で開かなかった。車買って初めての経験。今朝、初セリ前の控室で穂積市長がポケットから過去比較の除雪費の紙を出して、嘆いていました。(除雪については別日に投稿します。)

元旦の新聞は毎年厚いのですが、今年は広告の枚数が多かった気がします。景気を上げようという意気込みでしょうか。
正月、新聞を読みながら気になったのが、政治不信を超えて『政治家は「ツール」誰でも動かせる』という日本経済新聞の津田大介氏のインタビュー記事。

2013年1月1日火曜日