2013年4月30日火曜日

4月フェイスブックに書いたこと

4月にフェイスブックに書いたこと。

オフィシャルウェブサイトを開設しました。

今までブログで情報発信をしてきましたが、見上万里子オフィシャルウェブサイトとして、ホームページを開設しました。ブログは今までどおり更新します。

いづれも本人が更新していますので、不具合などあるかもしれませんが、少しずつ向上させていきます。
インターネット上からも皆さんのご意見をお聞かせいただければ幸いです。

現在のサイト

2013年4月29日月曜日

なかなか抜け出せないもの

習慣はなかなか抜けないものだとふと思います。
例えば日曜日午後のアイロンかけ。中学、高校と制服、銀行員時代も制服にアイロン。その後もスーツを着ていることが多いので、シャツにアイロン。気持ちが落ち着き、来週も頑張るぞという気分になります。
フェイスブックで、日本アイロン倶楽部というグループがあり、同じような方が多いことに驚きます。みんなで同じ時間にアイロンをかけて、終了報告をするという会です。主宰がエコノミストの方で、経済雑誌で紹介されたこともあるほど。気持ちにアイロンをかけるという意味合いです。

自分の選挙の時、アイロンかけをできないでいたら、小学時代からの親友がシャツにアイロンをかけてくれました。変わりに気合を入れてくれた感じです。

他に、頭に残っている言葉もなかなか抜けません。

2013年4月25日木曜日

書き換えられた将来の夢


広面小学校の同窓会が90周年を迎えるそうで、記念誌への寄稿文依頼をいただきました。小学生でも読める内容でとのリクエストでしたので、高学年ならわかるだろうというレベルで書いてみました。
何を書いたらいいのか、同級生に相談したところ、やはり先生のことだろうということに。リアカー引いて行ったリンゴ園でのなべっこ遠足という意見もありましたが、まとまらなかった。

結局、同級生と先生の話を書いてみました。昔は同級生にあだ名は当たり前でしたが、今は禁止だそうですね。先生にニックネームもだめなのかな?でも、書いちゃいました。
私はちなみに小学生の時はまる子と呼ばれていました。グループになっていたわけではありませんが、ユミとメホとカーコとまる子が比較的仲が良かった。今、カーコと連絡が取れない。先日同性同名の方に突撃電話をしたら別人で残念。

カーコ!もしこのブログをみたら、連絡ください!!
広小の児童会会長選挙のポスター、カーコが書いてくれました。思えば小学生の時から選挙してたんですね。

寄稿文は「書き換えられた将来の夢」と題し、以下に載せてみました。

2013年4月23日火曜日

ご報告

見上万里子は民主党秋田県連に4月17日離党届を提出し、4月19日受理されたことをご報告いたします。

2013年4月16日火曜日

「美しく怒れ」と「正しく怒れ」

太陽の塔の岡本太郎氏が書いた「美しく怒れ」という本を手にとり、ふと思った。
美しいかどうかは別として、芸術家と政治家の行動は共通するものがあると。

2013年4月11日木曜日

やっと?ほっと?秋美大入学式にマスコミ殺到!

私が議会で反対した、パンダ誘致と、美短の四大化(今は賛成しています)。どちらも予想外、想定外の展開に巻き込まれました。パンダはジャニーズが支援し仙台市へか?とニュースとなり、この件はまだ仙台市議会でも争点となっているようです。しかし、その影で秋田市のパンダ熱は鎮火。
一方、美短は議会での議決も経て、順調に大学となると思ったところ、田中真紀子氏の発言で騒動に巻き込まれる。そしてマスコミ注目の的に。

4月9日、秋田公立美術大学の入学式がありました。予想はしていましたが、ものすごい数のマスコミが殺到しました。特に私は疑問を感じたのは新入生宣誓直前。写真を見てください。

2013年4月8日月曜日

投票率、秋田県は全国5位

投票率が高かった上位10県
私が住む秋田市東部地区は、私が議員になる前、高橋智徳市議が長く議員を務めていらっしゃいました。党の関係で後継者ということにはなりませんでしたが、地域の諸課題等は私が引き継いでいます。
たまに「高橋智徳先生が辞めたの知らないで先生に伺ったら、選挙出なかったんだってねぇ」と言って私のところに訪ねてくる方がいます。投票に行っていないことは明白。でも、要望は持ってくる・・・

秋田市長選の投票率、49.15%。天気が悪かったとはいえ、低い。低すぎる。
投票率が気になったので調べてみました。
先の12月の衆議院選挙を例に見てみる。全国で投票率が高いところ10県に色を塗ってみました。

6月議会提案の選挙公報HP掲載が実現!

昨年6月の定例会の一般質問で私が提案した、選挙公報のHPへの掲載が秋田市長選より実現しました。終わった今は削除されたようですが、新聞紙面そのまま掲載されていました。

ちなみに秋田県議補選は県のホームページを見たところ掲載されていませんでした。
震災の影響などではなく、通常の選挙でホームページ掲載に踏み切ったのは全国的にも早い動きだと思います。

提案して速やかに実行してもらえると、とっても気持ち良いものですね。
しかし、議員活動とは、市政とはこんな小さなことの積み重ねと。
政治はキリで穴を開けるような作業の連続。とある方に言われましたが身に染みて実感しています。