2013年9月29日日曜日

市長選での各候補の公約について

9月議会が26日に終了しました。私にとっては市長選後初の一般質問。ここで私は誰が当選しても市長公約について質問しなければならないと思っていました。

先のブログに「今秋田市長選についてはこの後ブログには書きません。」と書きましたが、書かなければ私が誤解を受けるようですし、選挙後半年になろうとしていますので書きます。

2013年9月21日土曜日

9月議会【除排雪・公共施設】コールセンターへの想い

秋田市の除排雪に関し、除排雪についての電話受付の第一線をコールセンターに委託するための予算が9月議会に提出されている。

苦情処理を民間に押し付ける、職員が逃げている、高い、とか・・・・私はあまりの非難の声に驚いている。
「電話番のお姉ちゃんにお願いする」と思っているからではないだろうか?お姉ちゃんが電話に出たら、思いっきり文句が言いにくくなるとでも思っているのだろうか。そこまでとは思いたくないが、私はコールセンターに対する誤解に悲しい気分になる。

2013年9月15日日曜日

2013年9月秋田市議会定例会・一般質問原稿

9月秋田市議会定例会・一般質問原稿
2013.9.12(木)(その場で追加していますので、会議録と違います。)
質問録画はこちら

市民クラブの見上万里子です。通告に従い順に質問いたします。

「1 市長の政治姿勢について」です。
2期目の穂積市長の市政運営が始まり、新庁舎の建設、コンベンションセンター機能を有する県市連携文化施設の検討をはじめ、今議会では「新屋・土崎まちづくり基本構想策定経費」の補正予算が提出されるなど新たな建築物の構想が次々と示されています。
ハコモノ行政とは、建設に多くの税金を投入する行政のあり方を批判的にいう言葉ですが、今またその言葉が思い出されてなりません。

2013年9月9日月曜日

9/12一般質問の通告をしました。

9/12一般質問、3人目(14時くらいでは?)に見上が登壇します。どのような内容を質問するかを当局にお知らせする「通告」を6日に行いました。その後、当局からの聞き取りに応じ、本日までかかってしまいました。部局を横断した項目が多く、答弁の役割分担調整が難しいようです。
私にとって4回目の一般質問となる今回は、縦割り行政の弱さを強化する提案となるよう考えてみました。

今注視される新庁舎建設に関しては、今9月議会では議決案件とはなりません。一般質問1人目川口市議も多くの時間を新庁舎に関する項目を質問されるようですし、2人目斎藤市議も新庁舎を取り上げるようです。
3人目の私も取り上げますが、なるべく重複しない視点となるよう考えてみました。
内容については以下に。そして、これから約8千字、30分以内の読み原稿を作ります。

2013年9月2日月曜日

秋田の人は足引っ張り?足を引っ張るのは誰?

明日から9月議会が始まります。
ネットの力だと思いますが、全国各地よりメールやお手紙、資料をお送りいただきありがとうございます。なかなかお返事が間に合いませんが、目は通しております。9月議会が終わりましたらお返事させていただきますので、失礼をお許しください。

役に立つのではといろいろな資料をお送りいただいておりますが、一人の地方議員が全方向の社会状況に目を向けるのは難しく、自分なりに優先順位をつけながら邁進したいと思います。

最低でも週一回はブログを更新したいと思っておりましたが、少し空いてしまいました。個別案件をいただくことが多くなり、PCに向かう時間が取れずにおりました。
難しく、一緒にため息をつきたくなる案件が多いのですが、私にお話しいただくことで少しでも希望が見えてくれば嬉しいです。そして、東京から帰ってきて3年目、やっと地域や秋田市の皆さんに、身近に感じていただけたからこそと思っています。