2014年5月28日水曜日

秋田で強みがある会社

私は以前、銀行で勤めていた時、北都ビジネスクラブを担当していました。会社どおしの結びつきや情報提供などをしながら、会社の成長をお手伝いするのが仕事。多くの会社経営者の皆さんとお会いしました。

銀行を辞めてから約10年経ちましたが、久しぶりにお会いし変わらぬ技術や特色に嬉しく思うことが数多くあります。先日の北前船寄港地フォーラムで紹介された「秋田を輝かせる30人」にもその時の社長さんのお顔を発見しご挨拶をさせていただきました。

その時、私を見ての社長さんの一言。「議員さんになっちゃったんだ~」でした。

2014年5月14日水曜日

被災地を「ツタエル」写真展終了。

社会奉仕団体の「ライオンズクラブ」という組織がある。私が入会して2年になった。
幾つかのクラブから声をかけてもらったが、母がボランティアの時に一緒に活動していただいたご縁もあり、秋田矢留ライオンズに入った。

今年は事業委員となり、6月までに何か事業をしなければならかった。「震災後被災地支援をしてきたが、今年も被災地支援をしたい。」との会長のリクエストで今必要な被災地支援を考えた。
募金や物資を送ることなどは一通りしてきた。
「今何が必要か?」
他のライオンズクラブの活動も併せて活動を振り返る。ライオンズクラブの会員誌で、京都橘ライオンズクラブが子どもたちが作る子供新聞の活動に協賛しているのが目に留まった。そして、震災の記憶を伝える活動をしていることを知った。
「今は震災を忘れないことが必要では」
と思い、メンバーに相談して実施することになったのが、
ツタエル|東日本大震災を伝える高校生・千葉拓人写真展」。

2014年5月8日木曜日

「あきた市議会だより」優秀賞に選ばれる!

私が議員になり初めにいただいた役目は「議会だより編集副委員長」。民間企業で広報や広報誌などに関わってきたので、向いているのかなと思いながらも、「議会」という固い内容にどう工夫すればよいのか。
優勝トロフィー
編集委員は交渉会派から各一名で6名。

まずは読みやすくするためにページを少し増やしてレイアウトを統一しようということになり、その時の佐原委員長が予算工面に。
(※2011年10月18日(火)ブログタイトル「あきた市議会だより」で、その時の様子を書いています)
その時の一つの目安が、『議会報コンクールで入賞できること。』
入賞しているほとんどがカラー印刷。しかし、カラーにしたらコストが上がりすぎるので我慢。モノクロ+1色の現状維持に。「優勝しなくても、見やすい物を心がければいいじゃない」と、入賞は難しいだろうなと思っていました。

それから2年。編集委員も入れ替わりましたが、共産党の鈴木さんと私2名が残留。「入賞」を目指していたことも忘れかけた今朗報が。優勝したとのこと。それも、カラー印刷の議会広報誌の中で優勝。単純にヤッター!